『妻のトリセツ』という本を、今年の夏頃だったでしょうか購入しました。

それ以来、バッグの中に入れていて、仕事の合間などに何度も読み返しています。ですから、ほんの表面はボロボロになっています。

私と妻は、国際結婚で歳の差婚。

男性と女性の本質的価値観の違いの他に、文化の違いがありますので、我が家では夫婦喧嘩が絶えません。年の差が致命的な問題になることはありません。

夫婦関係の改善にと、本書『妻のトリセツ』に期待して購入しました。「う~ん、なるほど!」と納得できる内容が結構ありました。

著者の黒川伊保子さんって、すごい洞察力のある方なんだと敬服しております。

孫氏の格言に「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」とありますが、妻の理不尽な言動の原因を知ることができれば、こちらの対策も立てられるはずです。

本書の内容を全て暴露するわけにはいきませんが、世の男性が知っておく方が良い本書の内容は結構あります。裏表紙を見るだけでも、「おっ!」と思う男性は多いはずです。

既婚の男性に限らず、結婚を前提に彼女のお付き合いしている方を含めて、女性の内面を理解することで、良好な彼女との関係や夫婦関係のヒントになってくる一冊です。

既婚や独身とは無関係に、男性全員におススメできる一冊です。

妻や彼女の理解しがたい言動も、この一冊で理由がわかります!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

妻のトリセツ (講談社+α新書) [ 黒川 伊保子 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2019/12/29時点)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です