保育園の先生から、娘の歯ブラシを新しいものと交換してくださいと言われました。

あれれ、前回交換してからそんなに時間は経過してないはずなのにと思いながら、娘の歯ブラシを見ると、まぁ酷い状態です。

ちょっと、ヘッドの方を見ると、毛が完全に開いています。その開き具合もちょっと普通じゃありません。

よくよく見てみると、ヘッドの部分に複数の傷があります。ヘッドの裏側を見るとよくわかります。

これは、単に歯を磨くことによって劣化したのではなく、娘が繰り返し噛んだ痕だったのです。

繰り返し噛むことによって、劣化具合が尋常じゃなく酷くなったのでしょう。

 

一般的に、歯ブラシの寿命は約1ヶ月が目安と言われています。

1ヶ月経過しなくても、毛が開いてしまえば寿命だそうです。

 

また、毛先が開いた歯ブラシでは、汚れが落とし切れず、磨いても歯周病や虫歯になることもあるようです。

古くなった毛先には雑菌が付着している傾向あり、衛生面からも交換時期を見誤らないことが大切みたいです。

娘の歯ブラシはここまで劣化していますから、問答無用で交換ですがね。(苦笑)

しかし、保育園で使っていて毎日見ていないとはいえ、これは完全に親の監督不行き届きでした・・・


≪  ≪  ≪ 子供用歯ブラシ ≫  ≫  ≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です