9月で5歳になった娘。

身長もごく標準的に伸び、言葉の発達は著しく、順調に成長しています。

もちろん、内面的な成長も伴っていますから、喜怒哀楽の感情が言動に現れます。

「大きくなったら、パパと結婚する~!」などと、普段は私にも妻にも甘える娘。

しかし、「もう5年も経てばどうなるのか、10年もすれば父親を敬遠するようになるんだろうなぁ・・・」なんて考えると、少々気が重くなります。今の娘からは想像がつかないような時期がやって来るのは必然。そうなって、本当の成長と言えるんだと考えると少し淋しい気もしますが、そうなってから悩む前に、そうなる前に理論武装をしておこうと考えました。

以前、「妻のトリセツ」という本を買って、非常に参考になったという主旨の投稿をしたことがあります。

「妻のトリセツ」の著者である「黒川伊保子」さんの著書を検索してみると、ありました!

娘のトリセツ

10年後くらいには、どうせ「パパは臭い」だのなんだの言われるんでしょうから、なぜそのような事を言うようになるのか、娘の心理的メカニズム理論的に理解しようと思います。

何を言われようが、父親は娘の幸せを願うことには変わりはありません。

今から、理論武装と心の準備を整えておこうと思います!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

娘のトリセツ (小学館新書) [ 黒川 伊保子 ]
価格:902円(税込、送料無料) (2020/11/2時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です