今日、妻が近くの小さな八百屋さんに買い物に行きました。

帰ってくるなり「スイカ買ったよ~!」ということで、大きなスイカをテーブルの上にドスンと置きました。

「おっ、スイカの初物かぁ!」

 

もうスイカが出荷される時期なのですねぇ。

やっと春が来たと思ったら、夏の食べ物が店頭に並び始めたというわけですか。

 

妻は、早速、スイカを切り始めました。まずは半分に!

初物にしては、美味しそうな色です。

 

近くで見ても、美味しそう!

 

では、小さく切っていただきましょう!

う~ん、甘い。初物って水っぽい味かと思ったら、こりゃまた美味しい初物に当たりました!

ちなみに、値段は1,200円(税込)だったそうですが、この甘さなら、この値段で文句はありません。

 

妻によると、八百屋のおじさんから、糖度の高い甘いスイカの見分け方を教えてもらったそうです。

甘いスイカは、全体の緑と黒いシマ模様がハッキリしているそうです。

黒いシマ模様がぼやけて緑と同化しているような部分があるスイカは、あまり甘くないそうです。

黒いシマ模様と緑の部分の違いが鮮明に見える事が、甘いスイカの見分け方だなんて知りませんでした。

 

これから春本番で、季節は夏へ。

後は、コロナが終息してくれれば、言う事は無いんですけどねぇ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です