梅雨真っただ中の日本。

食欲も減退しそうな、湿気の高い蒸し暑い日々。

 

そんな時、ヒンヤリとした冷麺なんかいいですよねぇ~。

早速、市内で美味しいと評判のお店に、妻と冷麺を食べに行きました。

 

注文したのが、その店の1番オーソドックスな冷麺。

 

具材は、キムチ、卵、チャーシュー、ネギ、白ごま。

キムチは、白菜ではなくキャベツのキムチです。それと、このチャーシューは豚ではなく、牛肉のどこかの部位です。牛肉です。

 

それでは、食べてみましょう。いただきます!

麺は、普通に食べて噛み切れるくらいのコシです。韓国冷麺の麺ほどの強いコシではないです。そば粉を使った太麺です。

スープは、透き通った和風だし。出汁はよくわからないです。牛のような、魚介のような?? 味は極めてまろやかで、最後まで飲み干せます。

暑い季節じゃなくても充分に美味しい冷麺ですね、これは。

 

最近は、韓国冷麺から独自に進化したご当地冷麺が、日本各地にあるようです。

盛岡の冷麺なんて全国区になりましたし。

蒸し暑い夏も、スッキリまろやかな和風だしの冷麺なら、食欲をそそります!

 


冷麺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です