異なる2つの文化の中で、2つを吸収する娘と、一触即発の夫と嫁。普通の家族日記なんですけど、とんでもない話も頻発する家族の日記です。
病院のPCR検査キット 通販 メリット

病院のPCR検査キット 通販 メリット

自分で採取した唾液を検査機関に郵送して、陰性か陽性かの通知を待つ方式の「PCR検査キット」は、通販で入手することができます。

現在、通販のPCR検査キットは数種類あり、どれを選ぶべきか迷っている方も多いと思います。

 

PCR検査キットを選ぶ目安としては、病院が運営しているPCR検査キットをおススメします。

理由は、病院のPCR検査キットには、陽性となった場合に、大きなメリットがあるからです。

 

まず、検査機関が本人に陰性か陽性かの連絡をしてくれます。

もし陽性だった場合は、検査機関が直接保健所へ報告します。その後、保健所より本人に連絡が入り、どこで入院や療養をするか等の指示を出してくれます。

厚生労働省によると、新型コロナウイルスは、医師が感染を確認した場合、行政への報告が法律で義務づけられています。

医師がいる病院が運営するPCR検査キットなら、医師が感染を確認することになり、行政(保健所)への連絡も、感染者(陽性)への対応スムーズに行われることが最大のメリットとなります。

医療機関とは無関係の民間のPCR検査機関では、陽性を確認しても、行政への報告義務は無い為、感染者への対応が遅れる可能性があります。

最悪のデメリットは、感染者がどうして良いのかわからず放置され、感染の拡大を招く可能性が高くなります。

 

陰性であれば、どのような検査キットや検査機関であっても、大した差は生じません。

陽性か陰性かは重要な問題です。

陽性となった後にどうすればいいのかは致命的な問題です。

陽性となる可能性を視野に入れれば、アフターフォローも含めて、病院が運営するPCR検査キットが賢明な選択と言えます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です