異なる2つの文化の中で、2つを吸収する娘と、一触即発の夫と嫁。普通の家族日記なんですけど、とんでもない話も頻発する家族の日記です。
暴走老人

暴走老人

暴走老人

感情がコントロールできない高齢者。

直接、私に降りかかってきた災難ではありませんでしたが、暴走老人が騒ぎを起こしているのを近くで目撃し、とても不愉快な気分になったエピソードです。

 

今週の月曜日。昼からの出勤でした。

いつもように、車で通勤。片側3車線の真ん中を走っていて、前方の信号が赤になっているのが見えました。停止する際、右の3レーンに車線変更しました。

信号待ちしていると、左側から男性の怒鳴り声が聞こえます。

左側を見ると、一番左側(1レーン)の高齢の男性ドライバーが、真ん中(2レーン)の若い女性ドライバーに対し、怒鳴り声で何か言っているのです。

高齢の男性ドライバーは、見た目は70代前半でした。

何か、「そんな運転したら危ないだろ~!」みたいな事を言っています。女性はすっかり怯えて、「すみません、すみません。」と言っています。

私は、信号停車するまで、この女性ドライバーの運転する車の後ろを走っていましたが、何か問題のある運転があったとは思えませんでした。

そうしているうちに、信号が青になり、車は走り始めました。

 

私が考えたことは、もし2レーンの運転手が若い女性ではなく、屈強な男性だったら、あの老人はあのように怒鳴り散らしただろうか、という事。

恐らく、あのような暴走老人は、文句を言う相手として大人しそうな相手を選んでいるに違いないのです。

ずいぶん卑怯な弱い者いじめですよね。

 

脳科学的には、人間は老いてくると、感情のコントロールが難しくなる傾向にあるそうです。原因は、怒りの感情を制御する「前頭葉」が、加齢によりその機能が低下するのだそうです。

 

医学的にも根拠がある高齢者の感情的暴走ですが、上手く受け流して、トラブルに巻き込まれないようにしたいものです。

まともに受け答えをしていると、事件に発展する可能性が高いです。

私の目撃した実例でもそうでしたが、若い大人しそうな女性は注意した方がいいかもしれません。

感情のコントロールができない高齢者に絡まれた時には、スマホの録画機能なりドライブレコーダーなどで証拠を残して、すぐに警察を呼んだ方がいいでしょうね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です