会社に出勤する時、制服を入れて持っていけるバッグを探していました。

イメージとしては、制服をサッと入れて持って行けるバッグです。

お店であれこれ見ていると、ナイキ(NIKE)の巾着袋が目に飛び込んできました。

「あっ、これだ!」と直感して、数種類あったナイキの巾着袋から、これを買いました。税込み1,200円。

 

制服を折りたたんだ大きさにピッタリのサイズです。

 

巾着自体は軽いから、肩にかけても重さを感じません。

値段も高くないし、いい買い物をしたと思ったのですが・・・

実際に使ってみて痛感じたことは、「大は小を兼ねる」という諺(ことわざ)でした。

つまり、荷物のサイズと入れ物のサイズがピッタリという事は、出し入れする際には、かなり窮屈だという事です。

少し余裕のあるサイズの入れ物(バック)を買った方が、結果的には使い勝手が良いかもしれないからです。

サッと入れて、サッと出す。

バッグの利便性って、やっぱりこれなんだろうなと思います。

次の教訓にするしかないな、こりゃ・・・(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です