日本列島は梅雨入りし、いよいよ夏はすぐそこ。

我が家では、夏を前にやっておく事が一つ。

それは、不要品(不用品)の処分です。

 

もう冬用の服は必要ありません。今季の冬で全く着なかった冬服を中心に、既に使わなくなった服を処分します。

我が家の服の捨て方の基準は、「過去1年以内に、1度でも着用したか否か?」

 

まずは、子供の服をこれだけ処分することにしました。

4歳の娘は、身体の成長が早いので、すぐに服が合わなくなります。

一つ一つの娘の服に思いでがたくさんあるんですよね。

 

それから、妻の服はこれだけ捨てることになりました。ハーフコートが1つ、ロングコートが1つ、ジャケットが2つ、あとはトレーナーとかです。

実は、妻は、なかなか服を捨てたがりません。ですから、クローゼットの中は、彼女の冬服でギューギュー詰め状態です。

蟻(アリ)のはい出る隙間も無いのに、新しい服を次から次に買うものですから、家の中は妻の服だらけになっているわけです。

これだけ捨てるのも、妻を説得して説得して、やっと捨てさせたのです。

大体、1年以上を袖でも通していない服を、2年後に再び着ることがあるでしょうか?あるわけ無いんです。

だから、我が家の整理整頓の基準は「1年以上着ていなければ処分」なんです!

 

合計でゴミ袋4つ。妻のが1袋、子供のが1袋、私のが2袋です。

私のは、革ジャンが2着と革のハーフコートがあったので、近くの買取業者に売りに行ったのですが、冬物の買取は11月からだと言われ、完全に捨てる決心をしました。

処分を長引かせると、結局、捨てることを躊躇してしまうからです。

捨てようと思う時に、バッサリ切り捨てないと、古くて使わなくなったものが、いつまでも家のスペースを占領している状態となります。

単純に、古い物や機能しなくなった物を捨てないと、新しい物が入れられないですからね。

 

それと、不用品(不要品)を処分すると、結構不思議な気分になります

思い入れのある物は、捨てようとする時はすごく迷うものです。思い出が詰まっていますからね。

でも、捨てた後って、喪失感みたいな感情は全く無いんですよね。

逆に、捨てることで、家に有効なスペースができて、何か家の中が整然として気分も良くなるんです!

家が整然と片付くと、頭の中もスッキリしたような気分になります。

不用品(不要品)を処分すると、気分が前向きなります。これは実体験だから間違い無し!

 

それと、まだ使えて価値があるものだったら、買取業者に買い取ってもらう方法もあります。

査定は無料ですから、一度相談して損はありません。

不用品(不要品)の処分は悲しい行事でも何でもありません。

家の中もスッキリ、気分もスッキリで、あなたにも断然おススメします!


満足価格!ブランド品買取【バイセル】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です