今日、韓国人とのお仕事でした。

彼らのオフィスでの仕事だったのですが、テーブルに飲み物が何種類か置いてありました。

その飲み物が面白かったので、その場で写真を撮りました。

 

全部で3種類の飲み物です。

何か、どこかで見覚えがあるような飲み物ではありませんか?

 

さて、一つ目は、韓国製サンキスト(SUNKIST)

これは、飲料メーカーのサンキストでしょうから、単に韓国で製造されたサンキストでしょうね。

面白いのがここからです。

 

2つ目が、韓国製栄養ドリンク「Bacchus D」

この瓶の形、青と白のラベル、日本製の栄養ドリンク「リポビタンD」そのものじゃないですか?

飲んでみると、味もリポビタンDと同じです。

 

そして、最後が、韓国名がわからない商品。私は、韓国語が読めません。

しかし、しかし、このプラスチックボトルの形赤い文字、中の乳酸飲料の色

これは、まさしく日本のヤクルト(Yakult)以外の何物でもありませんよねぇ。

サンキスト以外は、思わず笑っちゃいました!

 

これは、どう解釈すべきなのでしょうねぇ?

私などの一人の消費者に過ぎない者は、「面白いね。」で済むのかもしれませんが、大正製薬の社員さんや、ヤクルトの社員さんは、こういうのを見てどう思うのでしょうか?

「近くて遠い国」という表現は、まだまだしばらくは、そのまま使用される表現方法なのだという気がします。

にほんブログ村 家族ブログ ドタバタ家族へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です