昨日の金曜日の夜は、食事の後にカラオケに行きました。

子供(幼児/4歳)がいるので、キッズルームにしてもらいました。

親子でカラオケに行くと、やはり子供優先です。

私も妻も好きな歌を歌いたいんですけど、子供とのバランスは常に必要ですから。

我が家では、カラオケに行くと、まず子供向けの曲を手あたり次第に予約していきます。DAMのリモコンの画面では、「キッズ」というカテゴリーから「童謡」を選びます。

子供向けとはいえ、娘は4歳の幼児。やはり、童謡が中心になります。

片っ端から選ぶのですが、以下のような毎回同じような選曲になります。

・ABCのうた
・シャボン玉
・鬼のパンツ
・いぬのおまわりさん
・メリーさんのひつじ
・どんぐりころころ
・森のくまさん
・かえるのがっしょう
・ぶんぶんぶん
・むすんでひらいて
・チューリップ
・七夕さま
・大きな栗の木の下で
・ぞうさん
・おもちやのチヤチヤチヤ
・アンパンマンのマーチ

唯一「アンパンマンのマーチ」だけは童謡ではないのですが、アンパンマンは幼児には影響力があるみたいで、歌を知っています。

これらの童謡をまず予約してから、子供が2曲ほど歌った後に、私や妻の歌を割り込みしていくか、予約して曲順を変更していくわけです。

4歳の娘がフルコーラス歌える曲は限られていて、今のところ「ABCのうた」だけかな。

子供が歌に飽きたら遊ばせて、歌いたくなったらまた歌わせてができますから、幼児と一緒ならキッズルームが便利です。

カラオケは家族で楽しめる娯楽なのですが、問題が一つ。

大人が歌う邦楽や洋楽では、カラオケの動画がかなり色っぽ過ぎるものがあります。あれは子供には見せたくないのですが、4歳の子供でもジ~っと見ています。(苦笑)

2時間歌い放題で、ドリンクや食べ物の注文無しで、税込み2,800円程でした。家族3人2時間楽しめて、税込み3,000円以下ですから、カラオケはコスパの良い家族の娯楽ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です