賛否両論の中で、7月にスタートした、政府の観光支援策「GO TO トラベル」キャンペーン

宿泊費の割引35%(1人1泊14,000円)は非常にお得です。

 

しかし、開始直後から8月までは「GO TO トラベル」キャンペーンの利用者自体が少なかった為、宿泊施設の利用状況は、予想に反した結果となったようです。

当初は、大きな割引き額と利用して、高級ホテルや高級旅館の利用率が高くなるとの予想でした。しかし、8月までの時点では、利用者の約64%は、1泊1万円未満の宿泊施設を利用していたのです。

1泊3万円以上の高級ホテルや高級旅館に宿泊した利用者は、4.9%にとどまったそうです。

ちょっと、意外な結果でしたね。

 

しかし、しかし、9月のシルバーウィーク4連休では、全国各地のホテルや旅館は満室が続出と状況に変化が。

さらに、10月1日から、「GO TO トラベル」キャンペーンに東京が追加されてからは、高級ホテルや高級旅館の予約が急激に増えてきたとのこと!

宿泊費割引35%(1人1泊14,000円)を利用すれば、ワンランク上のホテルや旅館を、ビジネスホテル並みの値段で宿泊できるようになるわけです。

こうなると、予約はより高級なホテルや老舗旅館に人気が集中します。

この傾向が定着してきた最近、高級宿泊施設を中心に、基本的な宿泊費がじわじわと値上がりしつつあるようです。

世の中、上手くいかないものですねぇ。(苦笑)

 

「GO TO トラベル」キャンペーンは、どうやら今が旬な企画ですね。

今のような大幅割引はキャンペーン期間中だけですから、割引を最大限に活かして、非日常が満喫できる「ちょい贅沢な」ホテルに泊まってみるのもいいかなぁ!


豪華ホテル宿泊券プレゼント! by 一休.com

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です