新型コロナウイルスの感染が急拡大しています。

第三波ですね。

第一波や第二波の時は、感染者の年齢層は20代~30代が中心で、感染クラスターが発生する場所は夜の接客を伴う飲食店が主でした。

しかし、第三波は、特定の年齢層を問わずが感染し、クラスターが発生する場所は主に不特定多数の人が集まる会食の場

11月20日(金)には、感染者数は、日本全国で2,412人となり過去最多を更新。

 

「GO TO キャンペーン」の見直しを迫る声が多くなっていますが、政府は、コロナウイルスの感染拡大と「GO TO キャンペーン」の因果関係を否定するものの、多少の軌道修正はするようです。

感染拡大の原因が「GO TO キャンペーン」とは言い切れないものの、感染拡大の一因であることは、もはや明白でしょう。

ウィルスは、自ら移動することは不可能で、人と共に移動するからです。

第一波が急速に終息した理由は、緊急事態宣言で人の移動を止めたからに他なりません。第一波は、人の移動を止めて、ほぼ完全にウイルスを封じ込めたではありませんか!

 

現在はどうでしょうか?

「GO TO キャンペーン」で、人の移動を奨励しています。

感染が拡大するのは、当たり前です!

 

政府は、経済を停滞させない事が最優先となっているので、政府の発表を鵜呑みにしていては、いつかは自分も感染すると、私は思っています。

コロナと共存する必要がある現在では、経済活動のアクセルとブレーキを上手に使い分けないと、自分が感染してしまいます。

 

では、第三波の現在、国民一人一人は、何を信じて、コロナにどう備えるべきなのでしょうか?

それは、自分自身が何を優先するか次第でしょうね。

 

例えば、是が非でも経済優先なら、「GO TO キャンペーン」に乗っかっていればいいのかもしれません。

 

私には、守るべき健康があり、家族があり、仕事があります。コロナなんかに、おちおち自然感染するわけにはいきません。

ですから、医療の専門家の感染抑制対策についての発表に耳を傾けて行動します。もちろん、「GO TO キャンペーン」や友人との会食は、第三波が一段落するまで後回しにします!

 

マスクやフェイスシールドを装着して、小声で話すようなつまらない会食なんか、計画するつもりもないし、参加したくもありません。

「静かなマスク会食」のような小手先の猿知恵で、コロナ感染拡大は止められません

私の感染予防の為の備えは、専門家の意見を聞き、3密を避けマスクや手洗いを毎日徹底するだけです。

私個人的には、この第三波を終息させようとする情報に耳を傾けています。


新型コロナウイルス対策

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です