新型コロナウイルス感染拡大の第3波が、自分の生活にも確実に忍び寄っているという実話をお話しします。

 

実は、私の妻の勤務先で、新型コロナウイルスの感染者が出たのです。妻とは部署が同じで、一緒に昼食を取るほど仕事上では親しい同僚だそうです。

その感染者と妻は、同じ部署、そして昼食を同じテーブルで食べていた事もあり、妻は濃厚接触者となり、即PCR検査を受け、2週間の自宅待機となりました。

保健所からは、外出と公共の交通機関の利用は自粛、自宅での妻の隔離、食事や就寝、そして生活用品は別々にと言われました。

我が家は3LDK。妻を完全に隔離することは不可能・・・ 家庭内での対応では限界があります。

妻が帰宅した時には、「あぁ、これで私も子供も感染するのかな・・・」などと、非常に悲観的な気分になりました。

 

家族うち一人でも濃厚接触者が出るだけで、本当に絶望的な気分になります。

その日の夜、午後10時前だったでしょうか。保健所より電話があり、PCR検査の結果は陰性との事でした。

これで、少し気持ちが落ち着いたでしょうか。

しかし、3日後に、再度PCR検査の予定となっていて、これまで通り妻の家庭内隔離は継続でした。

 

予定通り2回目のPCR検査を受け、結果は陰性。これで本人も家族も一安心でしたが、保健所からは、妻の隔離は、当初の予定通り2週間は継続と助言されました。

私も、もう大丈夫だろうと高をくくっていたのですが、妻の会社の別の濃厚接触者は、1回目のPCR検査では陰性でしたが、2回目で陽性となり、即入院隔離となったのです。

 

とりあえず、妻は一安心となりましたが、今度は私の勤務先のコロナ対策で、私が1週間の自宅待機となってしまったのです。

家族に濃厚接触者が出た場合、陰性が確認されてから1週間は自宅待機という規定があるからです。また、出社前に、会社の抗体検査を義務付けられている為、今朝、抗体検査を受け、結果は陰性でした。

これで、とりあえず、我が家での一連の疑念は収束しました。

しかし、コロナウイルスは、自分の生活を確実に脅かしていると実感した出来事でした。

 

私も妻も「Go To トラベル」や「Go To Eat」などのキャンペーンには背を向けています。無料でも関与する気はありません。

日常のコロナ対策、マスク着用手洗い部屋の換気などの基本対策は確実に実践しているし、友人などとの会食も控えています。なのに、家族から濃厚接触者がでました。

これは、個人の感染防止対策程度では、感染の拡大が止められない危険な状況に陥っている一つの証拠です。

自分の感染防止対策の実践だけでは既に不十分で、家族の人数分だけ感染の確率は高くなっているのです。

 

経済活動は重要なことは誰しも理解していますが、コロナの感染拡大と経済の回復は両立不可能です。感染爆発を防ぐ対策が最強の経済対策でしょう。

自分自身、または自分の家族が濃厚接触者や感染者となってからでは遅いのです。

経験済みの私からみなさんに伝えられる事は、テレビで連日報道されているような感染を招く可能性のある行動は、理性をもって自粛しましょう。

手遅れになる前に!


【sugentech】

新型コロナウイルス感染予防対策

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です