娘と一緒に本を音読するようになって約1ヶ月。

スラスラ読めるようになるにはもう少し時間がかかりそうですが、読むスピードは格段に上がってきました。

子供の学ぶスピードは決して軽視できません。

昨日、娘が、少し前まで使っていた絵本を見ていました。

娘は、「どうして、赤信号で渡っちゃいけないの?」と聞いてきました。

この部分を見ていたんです。

絵からも想像できますが、ちゃんと読んで理解しているのだなと思います。

そして、私にとっては、そこからの会話が非常に興味深かったのです。

娘「どうして、赤信号で渡っちゃいけないの?」
私「どうしてだと思う?」
娘「車とゴッチンするから。」
私「そうだね。車とゴッチンするとどうなるの?」
娘「血が出る。」
私「血が出たら、どうなるかな?」
娘「痛い。」
私「痛かったら、どうする?」
娘「〇〇先生のところに行く。」

こんな感じの会話です。

最後の「〇〇先生」とは、かかりつけの小児科医の名前です。

今まで、娘は「なぜ?」と問われるような会話を成立させることはできませんでした。

しかし、昨日は、私の「なぜ?」に、4歳児なりの理由付けで見事に答えています。

親バカながら、読解力と「なぜ?」への応答は、まずまずの成長だと思います。

現在読んでいる『おんなのこのめいさくだいすき』の内容が、もう少し理解できるようになることが、当面の目標なんですけど。

しかし、毎日の音読練習は無駄じゃなかったかな!

にほんブログ村 家族ブログ ドタバタ家族へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です