異なる2つの文化の中で、2つを吸収する娘と、一触即発の夫と嫁。普通の家族日記なんですけど、とんでもない話も頻発する家族の日記です。
東京オリンピック閉会式 ひどい

東京オリンピック閉会式 ひどい

昨夜(8/8)、東京オリンピック2020が閉幕しました。

オリンピックの開会式と閉会式といえば、見ている者をワクワクさせる華やかなエンターテインメントの連続という印象があります。

しかし、東京オリンピック2020では、そのような要素が感じられませんでした。言い換えると、ほとんどの演出が空回りだったというべきか・・・

開会式も酷評されましたが、正直に言うと、閉会式も残念の一言。一部には「ひどい」という書き込みもある程でした。

これを企画した演出家が、何を伝えようとしたのか、見ている側からすれば全く意味不明・・・

テレビの解説者が、「これは東京の日常を表現したものです。」と語った演出も、「だから何?」程度にしか思えませんでした。

 

その後、女優のOSさんと子供たちが出てきて、日本語で宮沢賢治の「星めぐりの歌」を歌いました。平和への願いや感謝など、「祈り」の思いを込めた演出だったそうですが、これも画面からは何も伝わるものはありませんでした。

日本人の私にも意味不明なのですから、世界中の人たちにこの演出の意図が伝わったわけがありません。これでは、一部の「ひどい」という酷評も、甘んじて受け入れなければならないかもしれません。

私の妻は外国人ですが、終始キョトンとした様子でした。

 

あまりに日本的な要素だけを発信しても、受け取る側は困惑するだけという証明にもなりました。

発信する側の事情を全面的に打ち出したメッセージと、受け取る側の理解に配慮したメッセージでは根本的に異なります。前者が受け入れられないのは当然かもしれません。

残念な事に、東京五輪2020開会式および閉会式の演出は、日本人にも外国人にも意味不明なものになってしまったようです。

 

今回の東京五輪は、コロナ禍での開催となり、全体の運営が急遽変更を余儀なくされました。この不運が、随所に大きく影響したことは事実でしょう。

アスリートたちの真剣勝負は、多くの感動を呼びました。やはり、東京オリンピック2020は開催してよかったと、私個人的には思っています。

もし、コロナが無くて、予定通り2020年に開催されていたなら、本来の東京オリンピック2020は、五輪史に残るような素晴らしいスポーツ祭典となったに違いありません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です