異なる2つの文化の中で、2つを吸収する娘と、一触即発の夫と嫁。普通の家族日記なんですけど、とんでもない話も頻発する家族の日記です。
政治用語 言葉遊び

政治用語 言葉遊び

2021年7月23日(金)に、ついに開幕する東京オリンピック。

コロナウイルスの感染の終息の目途が立たないままなのですが、東京オリンピック関連の報道は連日加熱気味です。

その中で、政府の見解や決定事項と、医学的および科学的な根拠が一致しない、または、一般常識から判断しても明らかにおかしい事が少なくありません。

例えば、開会式の観客の受け入れ人数についても、政府の見解は「?」でした。

 

東京オリンピックの観客数は、「全ての会場で上限1万人」ではありませんでしたか?

しかし、開会式だけは上限2万人となりました。

なんですか、これ??

お得意の政治判断で、またルールを捻じ曲げるつもり?

その理由として、観客は上限1万人であって、大会主催者や関係は観客じゃないから別枠を設けるのだそうです。

これって、オリンピックを開催する側の権威がある人の公式見解とは思えないですよね。

論点は、「観客」か「関係者」という言葉の違いではなくて、五輪開催中のコロナ感染予防対策として、会場での人流や3密を制限するという事なはず。

論点が完全にズレています。

人流が極めて重要な感染源になるから、観客の人数制限が不可欠なんです。

 

 

幼児や子供の言葉遊びゲームじゃないんですから、五輪の公式発表の場で、いい大人がこんな非科学的な屁理屈を言うべきではありません。

漫才や落語だとしても、センス無さすぎ・・・ 全く「ああ言えばこう言う」以外の何物でもないですね。

まぁ、日本の政治家やお偉い方のお決まりである、結論ありきのつじつま合わせの政治用語なんでしょう。

「政治用語辞典」「政治用語一覧」「政治用語解説」が本当に必要です。

 

国家の舵取りをする政治家、巨大な組織を運営する人たちは、将来を担う子供たちから見られている事を忘れないで欲しいと思います。

国家の舵取りをする政治家、巨大な組織を運営する人たちがこのレベルでは、次の世代には明らかに悪影響です。

子を持つ親としては、「言う事には科学的根拠と責任が伴う」事をしっかりと子供に教えていく必要性を痛感します。


【ほけんガーデン プレミア】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です