私には4歳になる娘がいます。一人っ子です。

ちょっとオーバーな言い方ですが、我が子が成長していく姿を見ると、「子育てって、親としての一つの生きがいかも!」と思えるようになってきました。

昨日までできなかった、いつそんな表現をできるようになったのか等々、我が子のほんの少しの前進に対して、すごく感動するわけです。

家族のあり方は様々なので、父親が育児にあまりかかわらないというケースもあるのかもしれません。しかし、私は、どっぷり子育てにかかわりたいです。

妻だけに任せるなんてとんでもないと思います。

生まれた時から、授乳、オムツ替えなど、「面倒くらいなぁ・・・」と思いながらも、やり終えると、何となく気分が良いわけです。

今日も、保育園から帰って、すぐにお絵かきを始めました。

いろいろな芸術的な絵(?)を書いた後、「パパ~、見て見てぇ~!」と、これを見せてくれました。

「これは、お花だね!」
「違う、ひまわり。」

なんだそうです。

「おお~、上手だね~!」と褒めてあげると、ニンマリと笑顔!

最近まで、ぐちゃぐちゃとした線しか描けないと思っていましたが、いつからこういう絵が描けるようになったのか感心しました。

保育園でも、お絵かきの時間があるのでしょうね。

子供の成長って、親としての生きがいでもあるし、自分へのエネルギーの供給源なのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です