子供が言うことが、嘘なのか本当なのかを判断し損ねたエピソードです。

今朝(8/6)は、私が子供(娘)を保育園に連れていきました。

娘に身支度をさせる時、何を着るかで小さなバトルがあります。

娘は、いつもどのような服を着るか、かなりの自己主張があるのです。

しかし、月曜日と木曜日は体操服での登園の日。そして、今日は木曜日です。

当然、体操服を着るものと思っていた私は、娘がワンピースを着ているの見て注意したのです。

「今日は、体操服の日でしょ?」
「ううん、これでいいの。」
「本当?よくないでしょ。体操服の日なんだから。」
「違う。今日はこれでいいの!」
「何言ってんの?体操服に着替えなさい。」
「これでいいの!!」
「何度も言わすんじゃない。着替えなさい。」
「今日はこれ!」
「嘘をつくんじゃない!」

私も声を荒げましたが、娘も必死で「これでいいの!」と繰り返します。娘はだんだん涙目になってきました・・・

何か、訴え方がいつもと違うなぁ、と思い、保育園の8月の行事を見てみました。

すると、今日は「夏祭り」となっています。

あぁ、そうだったのか。夏祭りだから、思い思いの服装で登園して大丈夫なんだと悟りました。

「今日は夏祭りだから、どんな服でもいいってことね!」と娘に言うと、娘も笑ってうなずきました。

娘は、パパに理解してもらえなくて、悔しかっただろうなと思いました。本当に反省しきりです。

「今日は夏祭りだから」って、上手く説明できなかったんだね。

大人に真実を理解してもらえない子供の悔しい気持ち、私も少し記憶があります。

子供が言うことが、嘘か本当かを見抜く力量が私には不足していたということです。

また、忙しさを口実に、娘の保育園の事を全く確認しなかったのは、明らかに私に非があります。

子育てを通じて、親も鍛えられます。

にほんブログ村 家族ブログ ドタバタ家族へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康管理へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です