異なる2つの文化の中で、2つを吸収する娘と、一触即発の夫と妻。普通の家族日記なんですけど、とんでもない話も頻発する家族の日記です。
山本五十六 子育て

山本五十六 子育て

最近、仕事から帰宅してからも、妻も私もやる事があり、6歳の娘の相手をしてあげられない事があります。

ですから、娘をお風呂に入れてあげる時間が少しずつ遅くなって、寝る時間も少しずつ下がってしまいがちです。

昨夜が、正にそんな感じでした。

気が付けば、夜の10時。

「しまった!また遅くなった。」と思い、娘に「お風呂に入るよ~。」と声をかけました。娘は、一人で大好きなお絵描きをしています。

「パパ~、今日は一人でお風呂に入る。」

私は間髪入れず「一人でお風呂に入れないでしょう?」と言うと、娘は「大丈夫。一人でできるよ~。」と言います。

私は、正直、心の中で「おいおい、まだ無理でしょ。」と思いました。

しかし、娘がサラっとそう言うので、「そしたら、一人でやってみる?パパが見ておいてあげるから!」と言って、とりあえず、娘のお手並み拝見としたのです。

 

娘が浴室に入り、シャワーを出す音が聞こえました。「熱いお湯に、火傷とかしないかな?」と心配になり、浴室の前でしばし待機していました。

シャワーの音が止まり、どうしているか気になったので、浴室を開けてみました。

そしたら、シャンプーで髪を洗っていたのです。見ていると、結構上手に洗っているではありませんか!

髪の洗い流しは、かなりぎこちなかったので、私が手伝ってあげました。その後、髪にコンディショナー。そして、洗顔。最後は、タオルに液体石鹸を付けて、身体を洗いました。ここも、手の届かない部位は、私が手伝ってあげました。

髪、顔、身体と、6歳の子供ですから、手の届きにくい部分に洗い残しが少なからずあることは、言うまでもありません。

しかし、身体の各部位の洗い方、洗う順番は、ママとお風呂に入りながら、子供なりに習得しているんだろうと思います。

 

子供って、学んでないようで、日々学んでいるのですね。

昨夜は、親の私が娘のできる事を過小評価していました。

やはり、やらせてみるべきなんですよね、子供には。

 

ふと、山本五十六海軍大将の人材育成の名言を思い出しました。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」
「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。」
「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」

山本五十六さんは、組織の中の人材育成についての語ったのでしょうが、この名言は、子育てにも立派に当てはまります。

子供には、失敗して欲しくない思いが強過ぎると、やらせてみることをついつい躊躇してしまいがちです。

しかし、子育ての本質は、「やってみせ」、「言って聞かせ」、「させてみせ」、「ほめてやる」ってことなんでしょう!

一人でお風呂に入れた。

娘には、「自分でできる!」という自信になってくれればと思います!


子供のためのオンライン英会話
GLOBAL CROWN

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です