先日、洗濯物をコインランドリーで乾かしました。

最近は、秋雨前線の影響で、雨の日が続いていたからです。

 

子供の乾いた洗濯物をたたみ終わった時、ふと色々な感情が込み上げてきました。

 

そういえば、娘は来週で5歳。

赤ちゃんだった娘も、もう5歳なのかと感慨深くなりました。

お人形に着せるような小さな服が少しずつ大きくなって、まだまだ可愛い幼児用の服も、もうすぐ着られなくなるんだな、と考えると、ちょっと寂しい気もしてきます。

一般的には「今が一番可愛い時」なんて表現もありますが、正に、今が一番可愛く思えるから、「子供の成長を寂しい」なんて思えてしまうのでしょうかねぇ。

娘と一緒に遊んでいると、「もう2~3年もすれば、一緒に遊ぶこともないのかなぁ?」なんて想像すると、本当に泣きたくなるほど寂しいものです。

その反面、普段の生活上で、子供ができる事が増えてくると、自分の事のようにうれしくなったりするのに。

子供の成長を感慨深い思う気持ちと、子供の成長を寂しいと思う気持ち。

この2つの矛盾した感情は、何なのでしょう?

 

来週の娘の誕生日に、何をプレゼントするか、まだ決めていません。

娘の欲しがる物をプレゼントしたいと思い、何が欲しいか娘に聞くと、「うさちゃん(うさぎ)のぬいぐるみ」だそうです。(笑)

これまでと同様、娘の成長は私の生きがいです。

 


ビデオカメラ

 


デジタル一眼レフカメラ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です